ふたばらいふblog

宮ケ瀬ダムカレー

2017/06/26

こんにちは。あやこ♪です。

 

すっかり梅雨空になってきましたね。

 

暑かったり、じめじめしたり、台風みたいになったりと、毎日忙しく変わる空に付いて行くのが精いっぱいです。

 

梅雨が終われば、暑い夏がやってきますね。

 

厚生労働省からは熱中症喚起も出ています。

 

水分をしっかり取って、暑い夏を乗り切りましょう!

 

そんな時には、カレーなどいかがでしょう?

 

ずいぶん前に、マツコの知らない世界で紹介されていた、宮ケ瀬ダムのダムカレーです。

 

ずっと食べたいと思っていて、ゴールデンウィークに行ったのですが、大混雑で断念しました。

 

先日リベンジに行ってきましたよ。

 

 

DSC_1009

 

ちょっと、分かりにくいですが、ご飯の下にソーセージが埋まっています。

 

DSC_1010

 

そのソーセージを旗を持って抜くと、カレーが放流される仕組みです。

ちょっと(いやかなり)わくわくします。

お味もとてもおいしかったですよ。

 

DSC_1013

 

私は、あいかわ公園からダムの上まで行きました。

歩いていくとかなり距離があるのですが、あいちゃん号に乗っていくとすぐですよ。

 

車椅子の方も、乗車できます。

 

DSC_1011

 

景色もいいし、夏のお出かけにお勧めです。

 

宮ケ瀬湖

 

こちらの「水とエネルギー館」1階のカフェにダムカレーがあります。

よろしかったら出かけてみてくださいね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社ふたばらいふについて

2017/06/13

こんにちは。あやこ♪です。

 

梅雨入りしましたね。今日はすっかり雨模様で涼しい一日となっています。

 

毎日気温が違うので、着る物にも配慮が必要ですね。

 

今日子供に「寒いから上着着ていったら?」と言って、昨年の秋まで来ていた薄い上着を着せたら、すっかり小さくなっていて、成長を感じました。

 

洋服がすぐに小さくなってしまう・・・

 

成長が嬉しいような、お財布は寂しいような朝でした。

 

じめじめする時期は、利用者様の足にも水虫の症状が出てきたり、風邪を引きやすかったりして、配慮が必要な時期です。

 

皮膚の状態にも注意しながら、訪問看護にあたっています。

 

 

今日は、私が働いている会社について、少し書いてみたいと思っています。

 

株式会社 ふたばらいふは、

 

搬送部門:民間救急、福祉タクシー

 

居宅介護・訪問介護部門

 

訪問看護部門

 

と3事業部で皆様のお役に立てるように頑張っています。

 

3事業部に共通していることは、利用者様の生活を支えるということです。

 

日常生活の身体介護、生活支援、移動支援はヘルパーがお手伝いできます。

医療処置や、身体に不安があれば、看護師がご自宅に伺います。

受診や、外出は搬送部門にお任せください。

 

それぞれのサービスを単独で利用される方もいますが、2部門、3部門とご利用いただいている方も沢山いらっしゃいます。

 

この会社で働いていて、いいなあと思うのは、

働いているスタッフみんなが利用者様の目線で考えることが出来ること。

そして何より、働いているスタッフを大事にしてくれている。

 

ということだと思います。

むか~しむかし、数学の授業でベクトルの授業を受けましたが、集合体の矢印が違う方向を向いていると、ベクトルの長さが短くなってしまいます。

ふたばらいふのベクトルは「利用者様のために」という一本のベクトルになっていると感じます。

 

みんながそう思っているので、ベクトルは太く長く続いていくと信じています。

 

働いているスタッフが元気でなければ、良いサービスは出来ない。

みんなが元気に働ける、利用者様に元気をお届け出来る、そんな会社だと思っています。

 

看護師さん、ヘルパーさん、引き続き大募集中です!

 

新しい仕事を考えている方、一歩を踏み出してみませんか?

 

 

DSC_1046

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%96

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日から8年目スタート!

2017/06/01

こんにちは。あやこ♪です。

 

すっかり暑くなってきましたね。まだ梅雨も来ていないのに夏が来たようです。

 

利用者様にも水分を多く摂ってくださいねとお話ししています。

 

私たちも水分を取りながら訪問に向かっています。

 

平成22年6月1日に開所した 訪問看護ステーション ふたばらいふ

 

本日から8年目がスタートしました。

 

今年もこの日を迎えることが出来たのは、訪問看護をご利用いただいている利用者様、関係者の皆様、会社の仲間、一緒に頑張ってくれているスタッフの皆様のおかげです。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

まずは、「継続」「いつもここにある安心感」を目標にやってきたので、今日の日を迎えることが出来たことを嬉しく思います。

 

例えば、お気に入りの美容院、美容師さん、いつでも予約が取れる、担当の人がいつもいる。

 

とても安心だと思うのです。訪問看護も同じような感覚かなと思います。

 

自分のことを分かってくれている人がいる、いつでも相談できる。

 

そんなステーションを継続できるよう、また新たな気持ちで皆様のお役に立てるよう精進して参ります。

 

これからも、訪問看護ステーション ふたばらいふをよろしくお願いいたします。

 

管理者:廼島阿矢子 6年前くらいの写真かな。あゆコロちゃんと一緒に。

 

 

SH3K0056

SH3K0056

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日は「看護の日」

2017/05/12

こんにちは。あやこ♪です。

 

今日は「看護の日」logo

ナイチンゲールの誕生日です。

 

何年も(何十年?)看護師をしていますが、そういえば、看護の日についてあまり詳しく知らないなあと思ってちょっと調べてみました。

 

日本看護協会

 

皆様に、「看護の心」を知ってほしいという思いから、始まったそうです。

 

看護の日の制定を願う会の方の一文にこんな文がありました。

 

(一部抜粋)

家庭や地域に、そして職域に、看護の心、ケアの心、扶け合いの心が育てば、病気を予防し、軽いうちに治癒させ、それでも避けがたい病に倒れた人には、その最期まで暖かな慰めの心が豊かに注がれることになりましょう。

(ここまで)

 

看護師だから出来ること、看護師にしかできないことって何だろうとよく考えます。

この文章を見て、これこそ訪問看護に大事なことだなと思いました。

 

病気や症状が軽いうちに対処することで、重症化したり、寝たきりになることを出来る限り予防する。

 

毎回、利用者様のご自宅に伺い、お話をして、身体に触れることで、いつもと違うことを感じて対処することが出来る。

 

かかりつけの看護師として、相談に応じることが出来、そのことで、住み慣れたご自宅での生活が継続できる。

 

改めて、看護の心を見つめなおす日となりました。

 

看護の日 忘れられない看護エピソード

 

看護協会の主催で、看護エピソードの表彰があったそうです。

とてもいいお話が沢山載っているので、お時間がある時に読んでみてくださいね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自然の中で

2017/05/05

 

DSC_0954

DSC_0954

 

DSC_0952

DSC_0952

 

こんにちは。あやこ♪です。

 

桜の季節を通り過ぎ、新緑の季節がやってきました。

 

今日はこどもの日。

 

祝日ですが、訪問が必要な方のところに行ってきたところです。

 

この季節は、みどりが多く気持ちいいですね。河原でバーベキューをしている人もたくさん見ました。

 

写真は、先日娘と行った公園での一コマ。

 

3歳になる下の娘ちゃんは、滑り台が大好きで、何回も何回も滑ります。

 

お母さんは、自然の中で、風に吹かれ、緑を見て、ボーっとしていたら、涙がぽろっと出てきました。

 

何かが一緒に流れたかな。

 

訪問看護は、人に触れることが多くあります。

 

嬉しいことも、悲しいことも、楽しいことも、一緒に寄り添っていきたい。

 

手を通して、悲しみや、苦しさが伝わってくることもあります。

 

自然の中で、一緒に流れていったような感じがしました。

 

利用者様の中には、なかなか外出が難しい方が多くいらっしゃいます。

 

訪問は限られた時間の中ですが、その中で時間を作って、屋外歩行や、車椅子で外に出ることを大事にしています。

 

室内でのリハビリも大事ですが、外を歩ける方は、外を歩いたほうが、効果が上がります。

 

病院で働いている時も、良く患者さんを散歩に連れ出してたなあ。

 

外に出た時の、「あ~気持ちいい!」と話される皆様の顔が大好きです。

 

それは、搬送も同じ。

 

例え、病院から病院に移る、短い時間でも、外に出られるということはとても素敵なことです。

 

自宅でも、病院でも、囲まれた中では、空気もよどむし、気持ちも沈む。

 

外にでる、人と話す、風に吹かれる、これからも自分も含め大事にしていきたいです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ふたばらいふで一緒に働きませんか?

2017/02/27

 

 

ちらし        %e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%96

 

 

 

こんにちは。

訪問看護ステーション管理者のあやこ♪です。

 

2月も明日で終わり。もうすぐ春がやってきますね。

今日も利用者様と、屋外歩行のリハビリをしている際、梅の花がきれいに咲いて、いい香りがしていました。

 

訪問看護ステーション ふたばらいふでは、引き続き、一緒に働いてくれる看護師さんを、大、大、大募集中です。

 

年度の変わり目。

お子さんの進学や卒業、入学と生活状況が変わる方も多いと思います。

訪問看護は、子育て世代にはとても働きやすい仕事だと思います。

 

例えば、パートの方でしたら、週2回だけ、午前中だけ、午後だけ等、生活に合わせた働き方が出来ます。

常勤の方も、当社は9時出勤で、16時45分までの勤務です。

子育てしながら働いているスタッフが多いので、授業参観などはみんなで助け合いながら、参加できるように調整しています。

 

訪問看護の魅力って何だろうと良く考えます。

 

一番は、利用者様とじっくり関われることかなあ。

病院や施設では、一人の方と1時間じっくり関わる時間を取ることは難しいと思います。

その方が暮らしているお家で、大事にしている、されているご家族の中で、より深いかかわりを持つことが出来ます。

普段お話しできないような方と、出会うことが出来、戦争のお話し、子育てのお話し、貴重なお話を伺うことが出来ます。

自分の人生を見直したり、これからの人生を考える機会にもなります。

 

これから、高齢者社会を迎えます。

在宅で療養するということはどういうことなのか、どのようなサービスを使うことが出来るのか、

病院で働く際、退院時どのような調整をすればよいのか、介護保険の仕組み等、訪問看護で学べることはたくさんあります。

 

訪問看護を通して、看護師としてもとても成長できると思うのです。

 

訪問看護に興味はあるんだけど。。。

と思っている、看護師さん、一歩を踏み出してみませんか?

 

一緒に地域のかかりつけ看護師として働いてくださる方をお待ちしています!

まずは、お電話でもメールでも、お問合せ下さいね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ふたばらいふ
http://futabalife.com/
住所:神奈川県厚木市中荻野941
TEL:0120-773-547
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

居宅介護でヘルパーとして働いてみたい方も厚木にある株式会社ふたばらいふのブログをご覧ください

厚木市にある株式会社ふたばらいふのスタッフブログでは、訪問看護に携わる看護師をはじめ、日々ご利用者様へ安心のサービスを届けるスタッフが業務のご報告やご利用者様とのエピソード、一緒に頑張ってくれる方の募集のご案内などを配信しております。
居宅介護や訪問看護のご利用を検討されている方はもちろん、ヘルパーや訪問看護師として働きたいとご希望の方もぜひブログをご覧ください。当ブログにて日々の仕事の内容や、当事業所の様子をご確認いただけます。
厚木で福祉サービスを提供する株式会社ふたばらいふには救急救命士や看護師などの専門資格を持つスタッフが多数在籍しており、知識や技術の習得をはじめ、キャリアアップにも最適な環境が整っておりますので、お気軽にご応募ください。