ボランティア協力活動報告

飯山トレイル健脚マラソン

平成24年12月1日(土)9:00~

 

厚木市飯山にて開催された飯山トレイル健脚マラソン

 

森・小池2名の救急救命士が救護ボランティアに入りました!

 

紅葉した山々・・・

 

曇り空、肌寒い中スタートがきられ、ランナーたちが走り出し・・・

30分ほどすると、日が差し込みはじめました。

「よかった、晴れてきた!」

ぬかるみで転倒が予想される中の晴れ間。

 

しかし、一刻の晴れ間ではどうにも・・・

 

山の地面はぬかり、坂のアップダウン、階段などの

障壁がランナーたちを迎えます。

 

「それに、晴れていいことばかりじゃない。脱水起こすかもしれないから」

森(救命士)のひとこと。

 

なるほど。救命士目線ですね!

 

この日は、厚木市の現役救急救命士の方もかけつけてくれていました。

 

走る姿、ゴールまでの時間を見ると、参加者の皆さんが

日ごろからいかに鍛錬されているかが伺えます。

 

それでも

 

やはり、転倒するランナーが多くいたようです。

 

1名は途中、転倒による捻挫、救護スペースで手当を受けていました。

 

ほかゴール後に擦り傷などの手当を受けたランナーはいたものの、

 

大きな事故なく、無事に大会は終了しました。

 

「救命士さんが救護でいてくれるのは安心ですね」

 

そんな声がちらほら。

 

そうやって、マラソンに参加する方が年々増えていくといいですね。

 

この日、多くの協賛の方々有志のかたがたがいらっしゃって

 

イベントを支えていました。

 

こういった活動から、地元観光の活性化がすすめばなおいいですね!

  

    

   

みなさん、お疲れ様でした!

 

バイスタンダー育成講習【救急車を呼ぶ】に講師として参加します!

 弊社が協力・協賛しています

救急車適正利用を広める会 主催の、バイスタンダー講習に

今年度も、弊社代表の森が、救急救命士講師として依頼をお引き受けしました!

 

一般市民の方に、より身近な想定でのシミュレーションを行ったり

 

実際に、119通報を声に出して練習したりと

 

リアリティを感じていただくこと、救急車の適正利用について知っていただくこと

 

そして、119通報から心肺蘇生の対応までを見学したり体験したりと

 

バイスタンダー育成のための講習プログラムとなっております。

 

 

毎回、メインテーマが異なり、何度受けても、学びのある講習になっていますよ!!

 

 

どなたでもご参加いただくことができますので、ぜひ、積極的なご参加お待ちしております!

 

お問合せ・お申込みは★★★

事務協力 / ㈱ふたばらいふ 

 

TEL 046-243-5088   岡島あて・5/16の講習を受けたい旨お知らせください

 

E-mail kyuukoukai@futabalife.com  

 

FAX 046-243-5089 

 

※メール・FAXの場合、氏名・連絡先を明記の上、送信ください。

 

 

次回講習は8月6日の予定です。

 

詳細決定しましたら改めてご案内いたします★

 

 

【おかげさまで、無事に終了致しました】

救広会より緊急時の対応講習の依頼を引き受けます!

平成26年8月6日(水)18:30~20:30

 
厚木市文化会館 4階 集会室B にて
 
 
弊社代表、森が講師を務める講習が開催されます。
 
 
 
“救急救命士が教えるバイスタンダー育成講習 「緊急時の対応~アレルギーを知ろう~」”
 
 
 
救急車を呼ぶときのポイント、実際の救急隊の動き
 
救急車の役割や歴史・・・など
 
 
また、実際に声に出して119コールシミュレーションの機会も設けます!
 
 
いざというときの心構えを含め、基礎知識を知る機会ではないでしょうか。
 
 
一般の方向けの、緊急時の対応基本知識が満載の講習です。
 
 
毎回、講義テーマが異なる本講習。
今回は、アレルギーについて、勉強したいと思います。
 
 
 
新任のヘルパーさん、お子さんを持つママさん、保育士さんにもおすすめの講習。
 
 
随時、お申込を受け付けております。046-243-5088までお気軽にお問合せください!
 
 
メールのお問合せは、kyukoukai@futabalife.com
 
 
 
 
救広会の活動の趣旨や目的は、弊社と通ずる点が多く、今後もバックアップ
 
していきたいと考えています。
 
今回の講習について、受付窓口を弊社が担当し、開催をサポートします!
 
 
 
 
〇救急車適正利用を広める会(救広会)とは〇
※Facebookページより抜粋
 
 
救急車適正利用で救命率向上を。
そのための課題に取り組む市民団体です。
 
 
少子高齢化社会、核家族化、老老介護、モラルハザード・・
様々な要因から、救急車出動件数は増加の一途を辿ってます。
2013年現在、救急車が要請現場に到着するまでの時間は、平均6分と言われています。
心肺停止状態で5分経過すると、ほとんどのケースで患者の命を救えません。

本当に必要な現場に一刻も早く救急車を。
私たちは、救命率の向上のため、以下の目的をもって活動を行ってまいります。

・救急車適正利用の周知
・バイスタンダー育成
・民間救急サービス活用推進と質向上

趣旨をご理解いただける方、是非ご賛同御願い申し上げます。
賛否両論等問わず、お気軽にメッセージいただければ幸いです。

 

厚木の民間救急や居宅介護で信頼のスタッフが地域のボランティア活動に積極的に取り組んでいます

株式会社ふたばらいふでは救急救命士や看護師をはじめ、社会的ニーズの高いスキルを持ったスタッフが数多く在籍しております。厚木市をはじめ地域の方のお役に立ちたいという想いから、ボランティア活動にも積極的に取り組んでおります。
救急救命士が教えるバイスタンダー育成講習もその1つで、救急車の適正利用を普及すべく、地域の皆様に参加費無料で気軽にご参加いただける出張講義などにも取り組んでおります。介護や保育の現場に携わる方から、ご家庭の主婦の方まで今後に役立てたいと嬉しいお声を頂戴しております。
厚木にある株式会社ふたばらいふではボランティア協力活動報告のページで、これまでの活動の様子をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。